== お知らせ ==?

=新製品情報=
MIPI対応の画像処理IFボード「IMG-Pro7」リリース。
ラズパイカメラをFPGAで制御できるようになります。その他、最大6Gbpsのイメージセンサに対応。同時に2つのカメラ・センサの接続ができます。
ニュースリリース


ラズパイを含むLinux環境でPyhon3によるUSB制御ができるようになりました。
ニュースリリース




 

CX-USB2採用のメリット

CX-USB2ボードで できるシステム開発

CX-USBIIシステム開発ボード採用のメリット

AD/DAコンバータ基板を接続して、データ収集、生成機能の実現や、少量他品種のデバッグ・システムや検査機器への応用に最適です。また、PCと連携したボード制御を比較的簡単に行えるので、IPやASIC等の評価、フラットパネルディスプレイ表示等に応用できます。

* 既存の5V系システムとインタフェースが可能

  • ユーザI/Oの電圧レベルを1.2V~3.3Vに可変でき、5V I/Oトレラントなので、5Vレベルのインタフェースが可能です。

* ユーザ任意のコネクタを実装できます。

  • ユーザI/Oエリアには、2.54mmピッチの3行32列のスルーホールを用意し、96pinDINコネクタが実装できます。このほか、任意のピン数のMIL系コネクタなどを自由に実装できます。

* 最新FPGAと高速SRAMで幅広いアプリケーションに対応

  • FPGAには最新のCyclone3デバイス(EP3C25F324C8N)を搭載しているので、比較的低消費電力
  • アクセス速度200MHzの同期SRAM 18Mbit(512Kx36b)搭載。ライトアクセスとリードアクセスの切り替え時に、余計なレイテンシの発生しないZero Bus Turnarroundタイプを採用し、SSRAMバス帯域をすべて利用できます。

5月のイチ押し製品

AX-Card7M
システム開発ボード


無償ツール対応で最大規模のFPGAと8GBのDDR3メモリが使えます。

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 3

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.


製品保証規定