Card-UNIVの使用例

コネクタ変換『Card-UNIV』を利用してフラットケーブル接続する例

CX-Card/CX-Card2/SX-Card3用オプションボードの『Card-UNIV』を利用して、0.5mmピッチ・コネクタを2.54mmピッチ・コネクタに変換し、フラットケーブルにより他のボードと接続する例です。

Card-UNIVの部品面(表)にある0.5mmピッチ・120ピンのコネクタと、CX-Card/CX-Card2/SX-Card3のいずれかのボードと接続します。

Card-UNIV 1枚で1つの0.5mmピッチ120pinコネクタを、2.54mmピッチ30ピンコネクタ4個に変換できます。
変換するコネクタはユーザ側で用意し、実装してください。Card-UNIVには、2.54mmピッチコネクタを実装していません。

以下の写真は、ハンダ面(裏)に30pinコネクタ4個を実装した例です。Card-UNIVにコネクタを実装する場合、以下の写真の様に必ずハンダ面(裏)にコネクタを実装してください。

Card-UNIVにコネクタを実装したら、フラットケーブルを装着して、他のボードと接続できます。

 


Smart-USB Plus / Sigma 技術サポート
http://www.smartusb.info/article.php/carduniv_example