== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

USBのコマンド発行間隔

ホストPCからボードに対し、連続して制御コマンドを発行するとき、そのコマンド発行間隔はどのくらいなのか...?

実際に制御アプリの『RefApp7.exe』を利用し、その中で『TCLスクリプト』機能を利用して計測してみます。

TCLスクリプトは、一般的なテキストエディタでTCL言語を利用してボード制御コマンドを記述することができます。このため、制御アプリケーションをカスタマイズすることなく、一連のボード制御コマンドを発行することができます。この例では、レジスタ・アクセスを連続して実施する内容です。FPGA内に構成した8bit ハードウエアレジスタの1bitをOn/OffするようなTCLスクリプトを記述した結果を以下に示します。

コマンド発行間隔

赤い三角印の部分のタイミングで、レジスタの1bitがOn/Offしています。すなわち、特定ビットをOn/Offするコマンド(USBコントロール転送)が発行されています。 ソフト的なタイミングなので、一定の決まったタイミングではなく、約600us間隔でのコマンド発行が可能ということがわかります。

このコマンド発行間隔時間は、使用するPCの仕様によって変化することがありますので注意してください。
この波形を計測した環境は、以下の通りです。

  • Windows7 32bit SP1
  • CPU: Intel Core i3-2100 (3.1GHz)
  • 実装メモリ 4GB
  • Intel P67チップセット

 


2月の注目製品

AX-Card7M
AX-Card7M

無償開発ツールが利用できる大容量・大規模FPGAボードです.

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 1

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.