USBのコマンド発行間隔

ホストPCからボードに対し、連続して制御コマンドを発行するとき、そのコマンド発行間隔はどのくらいなのか...?

実際に制御アプリの『RefApp7.exe』を利用し、その中で『TCLスクリプト』機能を利用して計測してみます。

TCLスクリプトは、一般的なテキストエディタでTCL言語を利用してボード制御コマンドを記述することができます。このため、制御アプリケーションをカスタマイズすることなく、一連のボード制御コマンドを発行することができます。この例では、レジスタ・アクセスを連続して実施する内容です。FPGA内に構成した8bit ハードウエアレジスタの1bitをOn/OffするようなTCLスクリプトを記述した結果を以下に示します。

コマンド発行間隔

赤い三角印の部分のタイミングで、レジスタの1bitがOn/Offしています。すなわち、特定ビットをOn/Offするコマンド(USBコントロール転送)が発行されています。 ソフト的なタイミングなので、一定の決まったタイミングではなく、約600us間隔でのコマンド発行が可能ということがわかります。

このコマンド発行間隔時間は、使用するPCの仕様によって変化することがありますので注意してください。
この波形を計測した環境は、以下の通りです。

 


Smart-USB Plus / Sigma 技術サポート
http://www.smartusb.info/article.php/command_interval