CX-Card2上側に子基板を接続する際の注意点

ボード上側には、コネクタ CN5,CN6 (34pinピンヘッダ)を使用します。

CX-Card2の34ピンコネクタを利用して子基板を接続する場合、CX-Card2のUSBコネクタ部品実装高に注意してください。

USBコネクタの部品実装高は11mmです。下図のように、子基板側のコネクタの実装高を考慮して、子基板をCX-Card2と接続してください。

子基板接続図

 子基板を赤く表示しています。CX-Card2のUSBコネクタとは1mmの隙間ができます。

子基板側に使用するコネクタは、ヒロセ電機社の「HIF3FB-34DA-2.54DSA」です。

子基板にオムロン社の「XG4H-3431-1」コネクタを採用した場合、実装高が7.2mmなので、CX-Card2のUSBコネクタと干渉してしまいます。ご注意ください。

 スペーサ

34pinコネクタ接続


Smart-USB Plus / Sigma 技術サポート
http://www.smartusb.info/article.php/cxcard2_daugter