CX-Card2のユーザI/O数256本を利用するには

CX-Card2には、2種類の外部接続用コネクタがあります。 すべてのI/O本数を合計すると256本です。

 

コネクタ位置と個数 コネクタ種類 ユーザI/O本数 専用クロック入力信号 専用クロック出力信号
ボード 部品面 2個 34pin(2.54mmピッチ) 52本 2 2
ボード ハンダ面 2個 120pinメザニンコネクタ 196本 2 2

(注)専用クロック入力信号はFPGAの専用クロックポートに接続しているので、クロック信号以外利用できません。
専用クロック出力信号は、FPGAとコネクタ間にダンピング抵抗が挿入されています。ダンピング抵抗を外してハンダショートすることで通常のI/Oピンとして利用できます。

このため、汎用I/O本数としては、252本を利用できます。
下図では、ボード部品面にある34pinコネクタと、ユーザ基板②のコネクタとをフラットケーブル接続して、252本すべての信号を利用しています。

CX-Card2で200本を超えるI/Oピンを使う方法


Smart-USB Plus / Sigma 技術サポート
http://www.smartusb.info/article.php/cxcard2_io