== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

CX-Card5で利用できるメモリ

 CX-Card5には4種類のメモリがあります。 2つのFPGA内部メモリとLPDDR、MRAMです。

  1. FPGA内部ブロックメモリ [ M10K ] 686個  (1個あたり10Kbit のブロックメモリ)
  2. FPGA内部分散メモリ [ MLAB ]  1,338個 (1個あたり 640bitのメモリとして利用可能)
  3. LPDDR2 (4Gbit = 128M x32bit) メモリ帯域 2.4GB/s
  4. MRAM (256Kbit = 32K x 8bit) 40MHz SPI

CX-Card5用のFPGAサンプル回路では、LPDDR2制御用のIPコアを使用しています。この場合、M10Kを98個、MLABを70個消費します。 (制御IPコアの構成によりメモリ消費量は可変します)

CX-Card5 メモリ構成


11月の注目製品

mxcard
mxcard

小さくても機能満載。使いやすくて便利なボードです。

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 4

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.