== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

外部基板との接続方法

 外部基板との接続には、2個のメザニンコネクタを利用できます。

2個のコネクタをそれぞれ異なるI/O電圧で運用できます。これらのコネクタに収容するFPGA-I/OはすべてHRバンクです。

CN1:I/O電圧を変更でき、シングルエンドや差動信号として設定ができます。専用アナログChを収容します。
CN2:I/O電圧を変更でき、シングルエンドや差動信号として設定ができます。トランシーバI/Oを収容します。

 

【CN1】

KX-Card7 ディップスイッチSW5により、I/O電圧を1.2/1.5/1.8/2.5/3.0/3.3(V)に切り換えて運用できます。

差動信号に設定する場合、48ch、シングルエンドの場合100本を利用できます。
また、このコネクタには、専用アナログ1ch(差動)を収容しています。
 

【CN2】

KX-Card7 ディップスイッチSW6により、I/O電圧を1.2/1.5/1.8/2.5/3.0/3.3(V)に切り換えて運用できます。
差動信号なら24ch、シングルエンド信号なら50本のI/Oを利用できます。

トランシーバI/Oとして、Tx 8ch、Rx 8ch、リファレンスクロック入力2chを利用できます。

 KX-Card7 I/Oコネクタ

KX-Card7に実装するコネクタはサムテック社の「QSH-060-01-L-D-A」です。
外部基板には「QTH-060-01-L-D-A」または「QTH-030-01-L-D-A」を配置することで、KX-Card7と接続ができます。 「QTH-030」コネクタの場合、上図のコネクタの上半分または下半分だけに接続ができます。


2月の注目製品

AX-Card7M
AX-Card7M

無償開発ツールが利用できる大容量・大規模FPGAボードです.

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 1

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.