== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

EDIDの使い方

IMG-Pro4はボード上にEDIDを格納したROMを搭載しています。

通常、Windows PCのPnPにより、グラフィックカードがモニタ内に格納しているEDIDを読み出し、モニタに画像を表示させています。 
IMG-Pro4の送信側にモニタを接続しない場合、PCはEDIDを読み出せないので、画像送出をしない場合があります。この問題を解消するために、IMG-Pro4には最大解像度WUXGAまで対応する内容のEDIDをEEPROMにプログラムしています。

IMG-Pro4では、ボード上のEDIDと外部モニタのEDIDを選択することができます。選択には、ボードのハンダ面にあるソルダ・パターンを使用します。 SP10とSP11です。

ディスプレイ内のEDIDを使用する場合は、下図のようにソルダ・パターンを変更します。PCのグラフィックカードは、赤線の経路で、ディスプレイ内のEDIDを読み出します。

ボード内のEDIDを使用する場合は、下図のようにソルダ・パターンを変更します。PCのグラフィックカードは、赤線の経路で、ディスプレイ内のEDIDを読み出します。

DVI-Txコネクタにディスプレイをつながなくても、PCのグラフィック・カードは画像データをIMG-Pro4に対して出力します。


7月の注目製品

AX-Card7
CX-Card4

名刺サイズでUSB3.0装備だから、各種計測・制御機器に組み込んで利用できます。

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 1

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.