Xilinx FPGA IOレジスタの利用

Xilinx FPGA IOレジスタを利用することで、外部システム(IC)とのインタフェースを確実にします。

FPGAプロジェクトをコンパイルするときに、XDCファイルでピン定義を行いますが、同時に、IOレジスタにアサインできるレジスタがあれば、IOレジスタを利用した方がタイミングが厳しい回路では有利です。

set_property LOC K21 [ get_ports XXX ]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports XXX ]
set_property IOB TRUE [get_ports XXX ]

これらの3行により、信号名XXXをK21番ピンへのアサイン、1.8V-LVCMOS設定、IOレジスタにアサインを行います。

 

 

 


Smart-USB Plus / Sigma 技術サポート
http://www.smartusb.info/article.php/iob