== お知らせ ==?

=新製品情報=
MIPI対応の画像処理IFボード「IMG-Pro7」リリース。
ラズパイカメラをFPGAで制御できるようになります。その他、最大6Gbpsのイメージセンサに対応。同時に2つのカメラ・センサの接続ができます。
ニュースリリース


ラズパイを含むLinux環境でPyhon3によるUSB制御ができるようになりました。
ニュースリリース




 

mxcardのAD機能

アナログ入力の方法には、3通りあります。

mxcardにはアルテラ社MAX10 FPGAを搭載しており、このデバイスには12bit 1MSpsのADコアが内蔵されています。

mxcardの型番により、ADコアが2個内蔵されたタイプと1個内蔵タイプがありますが、使用できるアナログ入力チャネルは、どちらの場合も最大18chです。

【アナログ信号ポート】

  1. メザニンコネクタに18chを収容しています。このコネクタにはVref=2.5V信号も収容しています。
    オプションのAFE-18アナログフロントエンドボードを接続して、最大10Vppのアナログ入力を扱うことができます。
     
  2. mxcard上のコネクタエリア(部品実装無し、2.54mmピッチのスルーホール)に、アナログ専用チャネルを2本収容しています。入力仕様は0-2.5Vです。
    ADコアを2個内蔵している対応の場合2ch利用でき、1個内蔵タイプは1chしか使えません。
     
  3. ルネサス社のSmartAnalogチップ(プログラマブル計装アンプ)を搭載しているので、このチップ出力1系統を利用できます。
    FPGAからSmartAnalogをSPIでプログラムします。アナログ入力仕様は0-3.3Vです。

アナログ入力パス

左図の○はソルダジャンパです。ハンダにより信号経路を切り換えることができます。


9月のイチ押し製品

ラズパイソリューション

ラズパイと組み合わせて、システムの小型化と遠隔操作システムの開発が可能です。

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 19

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.


製品保証規定