mxcardのAD機能

アナログ入力の方法には、3通りあります。

mxcardにはアルテラ社MAX10 FPGAを搭載しており、このデバイスには12bit 1MSpsのADコアが内蔵されています。

mxcardの型番により、ADコアが2個内蔵されたタイプと1個内蔵タイプがありますが、使用できるアナログ入力チャネルは、どちらの場合も最大18chです。

【アナログ信号ポート】

  1. メザニンコネクタに18chを収容しています。このコネクタにはVref=2.5V信号も収容しています。
    オプションのAFE-18アナログフロントエンドボードを接続して、最大10Vppのアナログ入力を扱うことができます。
     
  2. mxcard上のコネクタエリア(部品実装無し、2.54mmピッチのスルーホール)に、アナログ専用チャネルを2本収容しています。入力仕様は0-2.5Vです。
    ADコアを2個内蔵している対応の場合2ch利用でき、1個内蔵タイプは1chしか使えません。
     
  3. ルネサス社のSmartAnalogチップ(プログラマブル計装アンプ)を搭載しているので、このチップ出力1系統を利用できます。
    FPGAからSmartAnalogをSPIでプログラムします。アナログ入力仕様は0-3.3Vです。

アナログ入力パス

左図の○はソルダジャンパです。ハンダにより信号経路を切り換えることができます。


Smart-USB Plus / Sigma 技術サポート
http://www.smartusb.info/article.php/overview_adc