== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

ボード制御用アプリケーション・ソフトウエア

使いやすいリファレンス制御アプリケーション・ソフトウエアを標準添付しています。

ボードには、リファレンス制御アプリケーションソフトを標準添付しています。setup.exeを実行して任意のフォルダにインストールして利用できます。

制御ソフトウエアの機能は、Smart-USBPlus/Sigma製品すべてに共通です。以下のNo.1~No.5までは共通で、No.7以降は、各種ボードの機能制御用になります。

【リファレンス制御アプリケーションソフトでできること】

  1. FPGA内に設定したハードウエア・レジスタのRD/WR機能
  2. FPGA内部メモリ、外部メモリへのRD/WR機能
  3. USB経由のFPGAコンフィグ機能
  4. USB接続状態表示機能
  5. TCL機能
  6. I2C制御
  7. FPGAの温度モニタ機能(VX-USB2、System-SX2)
  8. ボード上のFlashROMプログラム機能(CX-Card2、SX-USB3)

<USBコンフィギュレーション>

FPGAメーカ専用のJTAGダウンロードケーブルを使わずに、ボードとPCをUSBケーブルで接続するだけで、瞬時にFPGAをコンフィギュレーションできます。
下図の表示は、SX-Card6システム開発ボードにUSBコンフィグする場合の例です。

USBコンフィグ画面
<USBコンフィグ設定画面: SX-Card6の例>

USBコンフィグ画面 
<USBコンフィグ操作画面:USBが完了した画面、SX-Card6/150C3をコンフィグした例>

< レジスタ制御用画面>

Smart-USB Plus製品は、USB経由でFPGAコンフィグができるだけでなく、FPGA内に実装したハードウエアレジスタ制御もできます。
例えば、FPGA内にレジスタ番号"2"の8bitレジスタを実装していれば、以下制御画面の「データ設定」欄の白地のテキストボックスに、8ビットの設定したいデータをhexで書き込み、「Write」ボタンをクリックすると、PCからFPGA内のレジスタに値が書き込まれます。 「Read」をクリックすれば、「データ設定」欄のグレー地のテキストボックスにレジスタの内容が表示できます。

レジスタ制御
 

<メモリデータ制御画面>

読み出したい(書き込みたい)メモリの先頭アドレス(転送開始アドレス)を設定し、転送したいデータのバイト数を転送レングスとして設定します。以下画面の場合は、8000000hexなので、128Mバイト分です。データを読み出す場合は、「ファイル設定」欄で任意のファイル名を指定し、「メモリリード」ボタンをクリックすると、指定したファイル名のファイルが生成されます。データを書き込む場合は、書き込みたいファイルを指定してから「メモリライト」をクリックします。 さらに詳細はこちらをご覧下さい

メモリ操作画面

 

 


6月のイチ押し製品

KX-Card7
mxcard

計測・制御機器開発を強力サポート

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 2

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.