== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

RefApp7 メモリ操作(bit幅指定)

RefApp7制御アプリケーションの「メモリ操作」画面には、メモリビット幅指定があります。

このメモリビット幅には、8/16/32/64 bitのいずれかを指定できます。

ここで指定したビット幅は、USB制御ICからFPGAに対して発行されるメモリコマンドの「アクセス種別」に反映されます。
※メモリコマンドの詳細はアプリケーションノートを参照下さい. SUA003 『USBインタフェース・プロトコルの概要』

FPGAがアクセス種別をデコードすると、ホストPCとデータ転送する際に何bit単位で処理するか、ハード的に判断できます。
これはFPGA側で無視しても構いません。扱うデータ幅が可変するような回路構成の場合、便利な機能になっています。

RefApp7 メモリ操作

 


4月の注目製品

CX-Card5
CX-Card5

高性能で使いやすい、初心者にもオススメ。

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 3

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.