レジスタ・アクセス機能の向上

レジスタ・アクセスの機能を向上し、さらに柔軟性のあるボード制御が可能になりました。

一部の製品を除く、Smart-USB Plus製品に対して、レジスタ・アクセス機能の向上を実施しています。
機能を向上させるには、ボードのファームウエアを更新し、リファレンス制御アプリケーションRefApp7.exe(ver1.0.7以上)を利用してください。RefApp2やRefApp3では対応していません。

【機能向上の内容】

  1. {レジスタアドレス拡張} 
     従来のレジスタ・アクセスの場合、レジスタの設定数は最大64個でした。 この制限を最大16,384個に拡張しました。 レジスタ・アドレスを設定する信号本数を従来の6本から14本に変更したためです。
     
  2. {レジスタビット数の拡張} 
     従来のレジスタ・アクセスの場合、1回のレジスタアクセスで転送できるビット数は64bit(8バイト)でした。 機能向上の結果、1回のレジスタアクセスで、最大512bit(64バイト)のデータを送受信することができます。

【適用製品】 SX-USB2 0204 以降)CX-Card2 (0204 以降)SX-USB3 (0204 以降)CX-USB20202 以降)CX-Card4 (0202 以降)SX-Card6 (0201以降

【参考資料】 SUA011 『レジスタアクセスの拡張機能』


Smart-USB Plus / Sigma 技術サポート
http://www.smartusb.info/article.php/reg_ex