== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

FPGAコンフィグが正常にできない原因

ボードのFPGAコンフィグ状態を示すLEDが赤から緑に変化したにもかかわらず、制御アプリで"Failed”表示される原因とは...。

ボードのFPGAコンフィグ状態(ハードウエア表示)と、制御アプリでのボードのコンフィグ状態(ソフトウエア表示)は、通常一致しています。 
コンフィグが成功すれば、ボード側のコンフィグ状態表示LEDは赤から緑に変換します。同時に、制御アプリ側では「successfully」と表示します。 

ボードのFPGAが正しくコンフィグできたかどうかは、制御アプリの表示よりボード上のLED表示が優先します。
ボードのLED表示が「緑」になっていれば、制御アプリで「failed」と表示されてもボードのFPGAは正常にコンフィグされたことになります。

ここで、ボード側では正しくFPGAコンフィグできたのに、制御アプリでは「frailed」と表示している場合の原因を探ります。 
Smart-USB Plus製品やSmart-USB Sigma製品では、電源監視用ICの出力をFPGAとUSB制御IC等に分配しています。下図をご覧ください。

Smart-USB Plus/Sigamにおけるリセット信号配線

電源監視ICのリセット信号出力(Active Low)はオープンドレインです。外部にプルアップ抵抗を配置しています。
FPGA以外は専用のリセット入力ピンにリセット信号を接続しています。 しかし、FPGAだけは、ユーザが任意に設定できるI/Oピンに接続しています。このため、電源監視ICがリセット信号を駆動しなければ、このFPGAピンを出力設定しても信号が衝突しません。 

FPGAが正常にコンフィグできたのに制御アプリで「failed」表示される原因は、この例のようにリセット信号に問題がある場合が多いです。間違ったFPGAピンアサインにより、RESETn信号上にパルスなどの出力信号が駆動されると、USB制御ICはリセット状態になり、ホストPCとのUSBリンクを切断します。 このため、FPGAは正常コンフィグできても、USBリンクが切断されボードからコンフィグ状態の情報を読み取れず、「failed」表示してしまうのです。

 

 

 


7月の注目製品

AX-Card7
CX-Card4

名刺サイズでUSB3.0装備だから、各種計測・制御機器に組み込んで利用できます。

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 2

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.