== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

コンフィグROMデータ生成時のクロック設定

型番:SX-Card6/150C3 の場合、コンフィグデータ生成時のクロック設定に注意してください。

ISEのGeneral Programming Fileメニューにより、SX-Card6のコンフィグROMにプログラムするためのコンフィグデータを生成できます。 このとき、General Programming Fileのプロパティから、Configuration Optionsを選択してください。

ここで、Configuration Rate =2(デフォルト)になっています。FPGAとコンフィグROM間のクロックレートが2MHzです。 この状態でbitファイルを生成後、iMPACTでmscファイルを生成し、コンフィグROMにプログラムできますが、電源投入後にFPGAがコンフィグされるまでの時間は、SX-Card6/150C3の場合、約15秒程度かかります。

Configuration Rate は最大26MHzまで設定可能です。 この設定でmscファイルを生成した場合、電源投入からFPGAコンフィグまで2秒弱で完了します。

SX-Card6をPCとUSB接続して運用する場合は、FPGAコンフィグが300ms前後で完了するUSBコンフィグ機能を利用する方が便利です。


2月の注目製品

AX-Card7M
AX-Card7M

無償開発ツールが利用できる大容量・大規模FPGAボードです.

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 1

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.