== お知らせ ==?

=新製品情報=
MIPI対応の画像処理IFボード「IMG-Pro7」リリース。
ラズパイカメラをFPGAで制御できるようになります。その他、最大6Gbpsのイメージセンサに対応。同時に2つのカメラ・センサの接続ができます。
ニュースリリース


ラズパイを含むLinux環境でPyhon3によるUSB制御ができるようになりました。
ニュースリリース




 

SX-Card6のIO電圧と信号の入出力

SX-Card6のI/Oバンクは、ボード上のDipSWで設定できます。設定した電圧の信号を入出力できますが、それ以外のシングルエンド信号を入力することもできます。

Xilinx社 UG381からの抜粋です。

 

 

     FPGA I/Oバンクに給電する電圧 (DipSW SW4,SW5で設定する値)

 < FPGA-I/Oバッファ >
(駆動電流設定値(mA))
1.2V 1.5V 1.8V 2.5V 3.3V

LVTTL/LVCMOS33
(2,4,6,8,12,16,24)

入力 入力 入力 入力 入出力
LVCMOS25
(2,4,6,8,12,16,24)
入力 入力 入力 入出力 入力
LVCMOS18
(2,4,6,8,12,16,24)
入力 入力 入出力 入力 入力
LVCMOS15
(2,4,6,8,12,16)
入力 入出力 入力 入力 入力
LVCMOS12
(2,4,6,8,12)
入出力 入力 入力 入力 入力
 SMBus/I2C  入出力  入出力 入出力 入出力 入出力

 FPGA-I/Oバンクを2.5V以外で運用している場合で、入力バッファにLVCMOS25を使用するときにはVCCAUXを2.5Vに変更してください。 SX-Card6 ジャンパJP7=Open、JP8=Shortに設定するとVCCAUX=2.5Vになります。


2月のイチオシ製品

HSAD50

最終製品にも組み込み可能

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 2

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.


製品保証規定