iMPACT ver12以降のSPI-ROMコンフィグ

iMPACT ver12以降では、JTAG経由のSPI-ROMコンフィグだけに対応しています。

ISE ver12以降のツールユーザ向けです。

ISE ver11以前では、iMPACTに "Direct SPI Configuration" メニューがありました。このメニューで、VX-USB2のCN8からSPI-ROMへのプログラムができました。

ISE ver12以降、iMPACTから "Direct SPI Configuration"メニューが無くなりました。このため、JTAGコネクタ(CN4)からSPI-ROMにプログラムしてください。コネクタCN8は使用できません。
JTAG経由でコンフィグ(ROMプログラミング)する際には、ボードのDipSW1の1ビット目を「ON」にしてから行ってください。

 


Smart-USB Plus / Sigma 技術サポート
http://www.smartusb.info/article.php/vxusb2_jtag_config