== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

3系統のIO電源を混在して運用

CX-Card4では 3系統のIOインタフェースを混在して、運用することができます。

FPGA内の6個のI/Oバンクを3グループに分けて、個別のIO電圧設定ができます。

下図のように、3.3V-LVTTL、2.5Vの差動信号、1.8V-LVTTLを混在して運用できます。 それぞれI/Oピン数の制限はありますが、レベル変換ICを利用しなくても、CX-Card4のFPGAに直結することができます。

FPGA I/Oバンク 電圧可変範囲(V) 使用できるI/Oピン数
3,4,7,8 1.2、1.25、1.5、1.8、2.5、3.0、3.3 144、クロック専用入力2/出力2
1.2、1.25、1.5、1.8、2.5、3.0、3.3 24 (差動の場合、クロック1ch、データ11ch)
1.2、1.25、1.5、1.8、2.5、3.0、3.3 24 (差動の場合、クロック1ch、データ11ch)

CX-Card4拡張

(注)CX-Card4のDCDC3で生成する電源は、Cyclone4-FPGAのバンク3.4.7.8に給電と同時に、外部システムにも給電ができます。このDCDCの最大出力電流は1Aなので、この電源を外部システムで使用する場合には、電流容量に注意してください。
図で示した例では、CX-Card4から給電する5Vを外部システムで3.3Vと1.8Vに変換しています。この場合の電流制限は、CX-Card4に給電する5V電源の仕様に依存します。


11月の注目製品

mxcard
mxcard

小さくても機能満載。使いやすくて便利なボードです。

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 2

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.