== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

Nios2eとGPIF_Masterを利用したシステム開発

FPGAシステム開発ボードをUSB付きマイコンボード化する方法

【適用】
アルテラFPGAを搭載したSmart-USB Plus製品

【目的】
無償CPUコア Nios2e(アルテラが提供)と 無償の回路モジュールGPIF_Master(PSIが提供)を利用し、最小限の回路設計で、USBインタフェース付きFPGAマイコンボードを実現します。

【内容】
アルテラ QuartusII開発ツールのQsys統合ツールを利用します。詳細はアプリケーションノート SUA006『GPIF-AVALONブリッジ回路』 とSUA008『USBと無償Nios2CPUコアを組み合わせた組込システム開発』を参照してください。

Qsysツールでは、様々な回路モジュールを無償で利用できます。アルテラ社が提供する回路モジュールの他に、当社がSmart-USB Plus製品向けに提供する回路モジュールがあります。これらの回路モジュールを組み合わせて、短時間にマイコンボードを実現することができます。

Smart-USB Plus製品はUSBインタフェースを実装しているので、Nios2ソフトウエアはFPGA内部のオンチップメモリに直接ダウンロードすることができます(ROM化する必要がありません)。

このシステム開発手法により、汎用的に利用できるSmart-USB Plus製品が、USB2.0インタフェース付きマイコンボードになり、ユーザオリジナルなマイコンボードとして、様々なアプリケーションに適用することができます。

Avalonバスシステム

図の赤枠内モジュールは、FPGA内のCPUとPCの制御ソフトウエアから制御できます。 FPGA内のonchip_memoryをRAM化すれば、PCからCPU実行コードをダウンロードすることができます。

 


11月のイチ押し製品

KX-Card7
kxcard7

計測・制御機器開発するならこの製品!

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 2

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.