== お知らせ ==?

=新製品情報=
MIPI対応の画像処理IFボード「IMG-Pro7」リリース。
ラズパイカメラをFPGAで制御できるようになります。その他、最大6Gbpsのイメージセンサに対応。同時に2つのカメラ・センサの接続ができます。
ニュースリリース


ラズパイを含むLinux環境でPyhon3によるUSB制御ができるようになりました。
ニュースリリース




 

コンフィグROMのプログラミング

SX-Card6ボード上のコンフィグROMにプログラムする方法

ボード上のコンフィグROMはNumonyx 社製M25PX64(64Mbit)です。デフォルトのiMPACTツールではM25P64(Xなし)をサポートしていますが、M25PX64はそのままではサポートされません。

iMPACTツール(ver13.2)がコンフィグROMのidcodeを読み飛ばす(チェックさせない)様に、環境変数の設定が必要です。

【設定手順】
1.Windows の「コントロールパネル」から「システムのプロパティ」を開き、「詳細設定」タブ→「環境変数」を開きます。
2.「システム環境変数」の「新規」ボタンをクリックして、「新しいシステム変数」ダイアログで以下の様に設定します。

変数名: XIL_IMPACT_SKIPIDCODECHECK
変数値: 1

この設定を一度行えば、iMPACT起動後、SPI-ROMの選択を「M25P64」にすることで、SX-Card6ボード上のコンフィグROMにプログラムすることができます。


参考資料:Xilinx User Community Forums


4月のイチオシ製品

SX-Card7

名刺サイズで組込にも便利

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 2

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.


製品保証規定