外部システムからのクロック入力制限について

クロックに同期したデータをSX-USB2に外部ボードから入力したい場合、クロック周波数の制限があります。(Rev1.1)

SX-USB2 Rev1.1ボードでは、DINコネクタを利用する場合、FPGA内蔵PLLを利用したい時には、外部から入力するクロックレートに制限があります。24MHz以上のクロック周波数でないと動作しません。これは、ボード上のクロックドライバの制限です。 また、上限は100MHz程度ですが、DINコネクタに収容の半数のI/Oを利用した場合です。すべてのI/Oを利用する場合、80MHz程度のクロックでないと正常にデータを送受信できません。このクロックレートは、外部システムとの接続状況により変化しますので、ご了承ください。

24MHz未満のクロック周波数の場合、FPGAのPLL機能を使えません。このため、通常のI/Opinをクロックとしてアサインし、FPGA回路でそのI/OpinにGlobalプリミティブを適用することで、FPGAのグローバルクロックとして利用できます。

Rev2.0ボードでは、上記問題は発生しません。しかし、FPGAのPLL入力周波数は最低1.5MHz必要です。


Smart-USB Plus / Sigma 技術サポート
http://www.smartusb.info/article.php/2008011014331159