== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

CX-Card4への給電方法

CX-Card4システム開発ボードへの+5V給電方法は、4通りあります。
  1. USBバス給電
    ボード上のジャンパ(JP2)をショートしてください。
    USBバス仕様により、電流は500mAまでとなっています。

    ---------------------------------
  2. 電源コネクタ(端子台)
    白色角型コネクタ(CN9)を使います。
    コネクタ部品の制限により、3Aまでの電流が流せます。
    このとき、
    ジャンパ(JP2)は必ず外してオープンにしてください。
    ---------------------------------
  3. DCジャック
    φ1.3のDCジャック(CN8)を使います。
    コネクタ部品の制限により、3Aまでの電流が流せます。
    このとき、
    ジャンパ(JP2)は必ず外してオープンにしてください。
    ============
    ここまで、CX-Card4本体のコネクタを使用して+5Vを給電する方法です。 No.1、2、3の給電方法では、2つ以上のコネクタに給電しないでください。 必ず、どれかひとつの方法で給電してください。
    ---------------------------------
  4. I/Oコネクタからの給電
    外部基板と接続するI/Oコネクタ(CN1、CN2)の+5Vピン(61~64ピン:4本)から、+5Vを給電することができます。おおよそ3A程度流せます。
    この場合でも、No1~No.3で示したコネクタからの同時給電をしないでください。JP2も必ずオープンにしてください。

CX-Card4 電源 ルート1   
<図1. CX-Card4本体のコネクタから給電>

図1は、No.1~No.3で示した方法の内、いずれかひとつの方法でCX-Card4本体に給電する場合です。 I/Oコネクタ経由で、外部システムへの給電ができます。

CX-Card4 電源 ルート2
<図2.CX-Card4に接続した外部ボードからの給電>


図2は、外部システムから、I/Oコネクタ経由で、CX-Card4に給電する場合です。
DCジャックや端子台には何も接続しないでください。JP2も必ずオープンで運用してください。


6月の注目製品

AX-Card7M
CX-Card4

オプションボードと組み合わせて、すぐに計測システム開発ができます。

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 3

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.