== お知らせ ==?

=新製品情報=
MIPI対応の画像処理IFボード「IMG-Pro7」リリース。
ラズパイカメラをFPGAで制御できるようになります。その他、最大6Gbpsのイメージセンサに対応。同時に2つのカメラ・センサの接続ができます。
ニュースリリース


ラズパイを含むLinux環境でPyhon3によるUSB制御ができるようになりました。
ニュースリリース




 

外部接続基板における電源設計の注意点

SX-Card6のユーザI/Oコネクタには、外部基板で利用できる5V電源ピンがあります。外部基板ではこの5Vから任意の電圧を生成することができます。

SX-Card6への給電方法には3通りあります。

  1. USBケーブル給電(ケーブル長が長ければ電圧降下が発生します)
  2. ACアダプタ(5V/3A)
  3. 電源コネクタ(5V/3A)

上記方法で5Vを給電しても、SX-Card6内で0.3V電圧降下が発生し、ユーザI/Oコネクタから外部基板に供給できる電圧は、4.7Vになります。 また、5V電源が±5%精度の場合、最低4.75Vとなり、外部へ供給できる電圧は4.45Vになる可能性があります。

SX-Card6 電源系

その際、外部基板で採用するレギュレータ部品に注意が必要です。

たとえば、3.3V/1Aを生成する場合、TI社のLM3940では、ドロップアウト電圧1.0Vなので、最低入力電圧は4.3V以上が必要になります。

3.3V/800mAを生成する場合、TI社のLM1117では、ドロップアウト電圧が1.3Vなので、最低入力電圧が4.6V以上になり、安定した3.3V生成ができないことになります。

 


2月のイチオシ製品

HSAD50

最終製品にも組み込み可能

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 3

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.


製品保証規定