== お知らせ ==?

=Smart-USB Sigma製品=
リドライバ機能付きUSB3.0コネクタをリリースしました.FPGAボードを筐体に収容するときに便利です.
詳細

 

CX-Card2上側に子基板を接続する際の注意点

  • 印刷用ページ

ボード上側には、コネクタ CN5,CN6 (34pinピンヘッダ)を使用します。

I/Oピンの駆動能力

  • 印刷用ページ

CX-Card2の各I/Oピンがドライブできる電流値をまとめました。

CX-Card2のユーザI/O数256本を利用するには

  • 印刷用ページ

CX-Card2には、2種類の外部接続用コネクタがあります。 すべてのI/O本数を合計すると256本です。

コネクタ変換

  • 印刷用ページ

オプションボード「Card-UNIV」を利用して、2.54mmピッチのコネクタに変換することができます。

CX-Card2:ファームウエアの更新

  • 印刷用ページ

【緊急度:低】 USBファームウエアを更新しました。 最新バージョン "0204" ,   2012/02/20

FlashROM仕様の変更

  • 印刷用ページ

2008年11月出荷分より、CX-Card2ボードのFlashROM容量を2倍に拡大します。

リファレンス・アプリケーションのWindowsVista対応

  • 印刷用ページ

Windows Vista 32bit版では、一部の機能が利用できません。
RefApp2.exeのバージョン1.0.12.0以降にアップデートして利用してください。

USBファームウエアの更新:CX-Card2

  • 印刷用ページ

USBファームウエアに不具合が見つかったため、ファームウエアのアップデートを行いました。  2008.1.30

IO電圧の変更方法

  • 印刷用ページ

外部システムからI/O電圧を給電することにより、CX-Card2のIO電圧を変更します。

搭載FlashROMへの書き込み方法

  • 印刷用ページ

制御アプリケーションからFlashROMのプログラム ("FlasthPath2") ができます。


6月のイチ押し製品

KX-Card7
mxcard

計測・制御機器開発を強力サポート

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 2

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.

ニュースリリースをご覧下さい.