== お知らせ ==?

=新製品情報=
MIPI対応の画像処理IFボード「IMG-Pro7」リリース。
ラズパイカメラをFPGAで制御できるようになります。その他、最大6Gbpsのイメージセンサに対応。同時に2つのカメラ・センサの接続ができます。
ニュースリリース


ラズパイを含むLinux環境でPyhon3によるUSB制御ができるようになりました。
ニュースリリース




 

外部クロックを入力する場合の注意点

  • 印刷用ページ
外部システムからクロックを受信して、FPGA内部のPLLを使う場合の注意点

MAX10をQuartusでコンパイルする際の注意点

  • 印刷用ページ

MAX10をQuartusでコンパイする際に、Device and Pin Optionsでコンフィグモードの設定を圧縮にしてください。

mxcard用コンフィグデータの作り方

  • 印刷用ページ
USBケーブル経由でMAX10をコンフィグするには、SVFファイルとRPDファイルを使用します。これらのファイルはSOFから生成できます。
制御アプリRefMXからのプログラム方法は、こちらからご覧下さい。

制御アプリRefMXの使い方(コンフィグ編)

  • 印刷用ページ
mxcard用制御アプリ「RefMX」を使って、MAX10をコンフィグする方法

SmartAnalogの制御

  • 印刷用ページ

MAX10 FPGAからSmartAnalogデバイスをSPIで制御できます

※2020年以降、この機能は削除しています。

mxcardのAD機能

  • 印刷用ページ
アナログ入力の方法には、3通りあります。

12月のイチ押し製品

HSAD100D

超音波やソナーなどの開発案件に最適

オンラインユーザ

ゲストユーザー: 1

=製品情報=

当社のFPGAボードを購入していただいたお客様には、設計サポートを無償提供しています.


製品保証規定